明太大百科

明太子の歴史やあまり知られていない良いところを伝えているサイトです。

明太子の基礎知識

明太子はすけとうだらの卵巣を唐辛子・昆布出し・酒などが入った調味液に漬けて作る食品で同じすけとうだらの卵巣を使って作るたらこは塩・調味料・色素を使って作るので明太子とたらこは作り方は似ている物の違う食品となります。
関東では塩味はたらこと呼び唐辛子に漬けた方は明太子と呼ばれる事が多いですが、関西では塩味を明太子、唐辛子の物を辛子明太子と呼ぶ事が多いです。すけどうだらの卵巣を塩漬けする習慣は日本だけでなく昔から色々な国で食べられていたのですが、辛子明太子は朝鮮半島でたらこをキムチに漬けて食べる明太子のキムチ漬けがルーツと言われていて、塩漬けしたたらこをさらに唐辛子入りの調味料に入れて2次漬けするのが日本の初めの作り方でした。
福岡県の博多や九州地方の名産品やお土産物として知られていますが、意外にも全国に普及したのは山陽新幹線が博多駅に繋がった1975年以降と言われていて製造メーカーも1960年代〜1970代に沢山増えています。今も経営されておられますが、、現在の一般的な辛子明太子のレシピを開発したのは博多にあるふくや創業者の川原俊夫さんで、この方が考案したレシピが博多中に広まり明太子と言えば博多と言うぐらいの名産品になったので明太子の育ての親と言って間違いないでしょう。

<明太子のいわれ>を読む

スタッフ推薦のページ

明太子のいわれ
【明太大百科】

もっと読む